男性のための更年期障害(LOH症候群)克服サイト

男性の更年期障害は早めの対策が肝心

このサイトでは、男性の更年期障害について知っておきたい情報や、症状改善をサポートするサプリメントなどを紹介しています。

女性の更年期障害ほど認知されていませんが、男性にも更年期障害はあります。働き盛りの中高年が発症しやすいという男性更年期障害(LOH症候群)。まずは診断テストでその可能性をチェックしてみましょう。

男性更年期障害(LOH症候群)診断チェックシート

  • 疲れやすく、行動力が減退した
  • 性的能力の衰えがある
  • 寝つきが悪い
  • 日中、眠くなることが多い
  • イライラし、怒りやすくなった
  • 神経質になった
  • 腰痛など、関節や筋肉が痛い
  • 手足や腰が冷えやすくなった
  • 顔のほてりがある
  • 息切れや動悸がする
  • 頭痛、めまい、吐き気がある
  • 不安感がある
  • 憂鬱な気分になることが多い
  • 絶頂期を過ぎたと感じる
  • 筋力が低下した
  • 髭の伸びが遅くなった
  • 汗をかきやすくなった
  • 早朝勃起の回数が減った
  • お腹まわりの脂肪が気になる
  • 頻尿など、泌尿器の悩みがある

 

男性の更年期障害(LOH症候群)とは?

そもそも更年期障害は、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる身体的・精神的な不調のこと。男性更年期障害は、「LOH症候群(エル・オー・エイチ症候群)」とも呼ばれています。

女性の更年期障害は閉経期特有の症状として広く知られていますが、男性の場合は個人差が大きく、これまであまり認知されていませんでした。

男性の更年期障害(LOH症候群)の原因

男性更年期障害になる原因としては、男性ホルモンのテストステロンが加齢などによって減少することが大きく影響しています。

一般的には、20代をピークに分泌量が減少していき、40~50代になると大幅に減少してしまいます。ただし、テストステロンの分泌量には個人差があり、20~30代でも、ストレスや体調の変化などで急激に減少してしまうこともあるようです。

男性更年期障害の5大症状

男性更年期障害の主な症状としては、大きく以下の5つが挙げられます。

  • 性機能症状
    ED(勃起障害)、性欲低下など
  • 精神・神経症状
    イライラ、落ち込み、憂鬱、不安感、睡眠障害など
  • 身体症状
    めまい、耳鳴り、のぼせ、ほてり、動悸、筋力低下など
  • 肥満症状
    内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)、皮下脂肪型肥満(洋ナシ型肥満)など
  • 泌尿器症状
    頻尿、残尿感、尿キレの悪さ、尿の勢い低下など

多様な症状の中でも、性機能症状は男性の更年期障害特有の症状と言えるでしょう。

また、職場や家庭でストレスが溜まりやすい中高年男性は、うつ病にもなりやすい傾向があるとか。男性の更年期障害は女性よりも自覚しにくいと言われていますが、放っておくと症状を悪化させる可能性もあるので注意が必要です。

EDと男性更年期の関係は?

男性更年期障害の性機能症状の1つでもあるED(勃起障害)。 日本のED人口は1100万人以上と言われ、パートナーとの関係悪化や自信の喪失など、深刻な影響を与えることも多い症状です。

EDになる原因としては、加齢や生活習慣病などで血管・神経に障害が起こる身体的要因と、ストレスや鬱といった心理的要因があります。
特に、加齢や生活習慣病によって勃起に関係する血管が動脈硬化を起こし、動脈の広がりが不十分になることが、EDを引き起こす大きな要因。

男性ホルモンのテストステロンには、血管の健康を保つ一酸化窒素を供給する働きがあるため、加齢などによってテストステロンの分泌が減少すると、血管が老化して動脈硬化が進行してしまうのです。

また、男性更年期障害の精神症状も、EDを引き起こす心理的要因に当てはまります。男性更年期障害に悩む多くの方がEDなどの性機能障害を併発しているのは、こうした理由からだと考えられます。 EDが良くなることで、男性更年期障害の症状まで解消したというケースも多いようです。通院やサプリ活用など、早めに対策することをおすすめします。

男性更年期障害を改善するには?

男性更年期障害の多様な症状を改善するには、以下のような方法があります。

  • ホルモン補充療法による治療

    男性の更年期障害を専門に扱っている医療機関はそれほど多くありませんが、男性更年期障害の主な治療法として、「ホルモン補充療法」が行われています。

    これは、テストステロンを直接注入することで、体内のテストステロン値を上昇させて、更年期障害の諸症状を改善していく治療法です。個人差はありますが、一般的には、約2~3週間に1回の投与間隔で、ある程度継続的に受診する必要があります。

  • 漢方薬による治療

    効き目は穏やかながら、漢方は人間本来の自然治癒力を高めて、様々な症状にアプローチしていきます。

    身体症状から精神症状まで、多様で複雑な症状が出る更年期障害には、漢方療法が効果を発揮するケースも多くあるようです。

    男性更年期障害によく処方される漢方薬は、八味地黄丸(ハチミジオウガン)、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)、六味丸(ロクミガン)、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)、釣藤散(チョウトウサン)、田七人参(デンシチニンジン)などがあります。

  • 生活習慣や食事の見直し

    男性更年期障害の主な原因であるテストステロンの急激な減少を防ぐために、ライフスタイルを見直してみることも大切です。

    テストステロン値を低下させる生活習慣として、慢性的なストレス、睡眠不足、過量の飲酒、寝る前の飲酒、喫煙などが影響していると考えられています。心身の健康を保つためにも、十分な睡眠をとり、飲み過ぎには気をつけるなど、これを機に生活習慣を見直してみましょう。

    また、ウォーキングや水泳などの有酸素運動や、適度な筋トレを行うのも、テストステロンの分泌を増やす手助けになるそうです。

    食生活でぜひ取り入れたい栄養素とは

    テストステロンの分泌を助ける食品としては、山芋やオクラなどのネバネバ食品や、玉ねぎなどが良いとされています。中でも、山芋に多く含まれるジオスゲニンという成分は、男性ホルモンを補うのと同様の作用が期待できるとして注目されています。男性更年期障害の予防・改善のためにも、ぜひ積極的に取り入れたい成分です。

    とはいえ、毎日こうした食品を取り入れた食事を用意するのも難しいと思います。男性の更年期障害対策には、手軽に毎日続けられるサプリメントがおすすめです。

    更年期男性向けのサプリには、多様な症状にアプローチする成分が豊富に配合されているため、更年期障害対策が効率良くできます。サプリメントを賢く活用して、男性更年期障害を予防・改善していきましょう。

    男性更年期障害対策におすすめのサプリを厳選して、配合成分や価格を比較してみました。こちらもぜひチェックしてみてください。

    根本から改善!
    男性の更年期障害対策サプリ≫

back to top