男性更年期障害(LOH症候群)症状克服サイト  » 男性更年期障害の対策で知っておきたいこと

男性更年期障害の対策で知っておきたいこと

発症しやすい年齢や症状の改善方法、改善に有効な成分など、男性の更年期障害克服に役立つ知識をまとめています。

男性にも深刻な症状をもたらす更年期障害

女性の更年期障害については広く認知されていますが、近年では、男性にも深刻な症状をもたらすことがわかってきました。

男性の更年期障害がこれまでよく知られていなかった理由に、症状の程度に大きな個人差があることが挙げられます。年齢的には、男性ホルモンの「テストステロン」が減少する40代後半からから50代にかけて、男性の更年期障害が現れるやすいようです。

人によってはストレスなどが原因で、20~30代から症状が現れることもあり、新たな現代病としてクローズアップされています。慢性的な疲労、うつ症状、性力の減退(ED)など、思いがけない身体の変化を感じたら、更年期障害も疑ってみましょう。

日常生活の改善で症状を抑える

しかし、もし更年期障害だとしても過剰な心配は不要です。更年期障害の主な原因は、ホルモンの減少による自律神経の乱れからくるもの。この自律神経を整える生活を心がけることで、症状をある程度抑えることができます。

重要なのは、質の良い睡眠、適度な運動、食生活の改善の3つだと言われています。特に健康に直結する食生活の見直しは重要です。栄養バランスの良い食事はもちろん、自律神経を整える栄養素を上手に摂取するとよいでしょう。

最近では更年期障害の改善に有効な栄養素を配合されたサプリメントも販売されています。医学的に注目されている山芋ジオスゲニンやキャッツクロー、シトルリンなど、有効な成分の効果効能についても紹介していますので、チェックしてみてください。

さらにここでは、男性の更年期障害と密接なかかわりがある男性ホルモン「テストステロン」について解説しています。男性更年期障害を予防するためにはテストステロンの分泌を増やす必要がありますが、その効果的な方法をまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

back to top