発症しやすい年齢

20代から要注意?男性の更年期障害(LOH症候群)が発症しやすい年齢について調査しました。

男性の更年期障害は働き盛りの40~50代に多い

男性の更年期障害の多くは、40代後半からから50代に発症します。

その理由は、男性ホルモンの「テストステロン」の減少です。テストステロンは20代をピークに減少していき、40代以降になると大幅に減少します。そのため、女性の更年期障害と同じく、男性も様々な身体の不調が出てきます。

ちなみに、女性は閉経という身体の大きな変化があることもあり、症状が分かりやすく、更年期障害の治療法や病院も整っています。

しかし、男性の更年期障害は、数年前にようやくその存在を認められたばかり。さらに、女性より症状に個人差が大きいため、気づかれにくく、悩みを抱えたままの方も多くいらっしゃいます。

男性の更年期障害の主な症状としては、自律神経の乱れによる精神・心理症状(抑うつ感、不安感、イライラ、不眠、疲労感、記憶力や集中力の低下など)や、女性の更年期障害とも共通する身体症状(のぼせ、火照り、動悸、めまい、頭痛、発汗、肩こり、関節痛など)があります。そして、男性の更年期障害特有と言えるのが、性欲の低下やED(勃起不全)といった性機能症状です。

実は、男性で更年期障害の患者数は年々増えているとか。ストレス社会の今は、ストレスにより症状が悪化しやすいとも言われています。職場や家庭内でストレスが溜まりやすい中高年男性は、うつ病にもなりやすい傾向があるそうです。

20~30代の若い患者も増加

気になるのが、20代や30代の若い世代での患者数も増えているという点です。原因は特定されていませんが、これもやはりストレスが関係していると言われています。

インターネットなどが発達した現代社会では、外でストレスを発散する機会が減っています。不規則な生活や無理なダイエット、無理な仕事もホルモンの乱れにつながります。身体にダメージを与える不健康な生活をしている人が増えているということかもしれません。

何となく調子が悪い、憂うつ、やる気が出ない、集中力が続かない、眠れない、性機能の低下があるなど、体調に変化を感じたら、たとえ20代でも更年期障害も疑ってみましょう。自分の体を上手く付き合っていくためにも、早期からケアしてあげることが大切です。

back to top