考えられる主な原因

男性更年期障害(LOH症候群)を発症させる主な原因について解説しています。

加齢による男性ホルモン減少が直接的要因

男性更年期障害には、「テストステロン」という男性ホルモンの減少が大きく影響しています。テストステロンは、心身を活性化させて、男性らしさや若々しさを保つ働きのあるホルモンです。

しかし、テストステロンの分泌量は20代をピークに減少していき、個人差はありますが40代~50代になると大幅に減少してしまいます。40代後半から50代に男性更年期障害を発症する人が多いのはそのためです。

男性更年期障害では、体内のテストステロンが減少して、ホルモンバランスが乱れることで、心身に様々な不調が出てきます。

テストステロンの分泌量は個人差が大きく、70代でも30代並みの高い数値の人もいれば、逆に40代でも60代~70代位の低い数値の人もいるとか。

更年期障害の発症予防や症状改善のためには、加齢によって減少してしまう男性ホルモンをどう保ち、どう補っていくかが重要なカギと言えるでしょう。

テストステロンを保つための生活習慣を心がけるのはもちろん、男性ホルモンを補うためのサプリを取り入れるのも1つの方法です。

ストレスも男性更年期の発症に大きく影響

一般的には加齢によって徐々に減少していく男性ホルモンですが、精神的なストレスや体調の変化などで急激に減少してしまうこともあります。現代社会では60代以上の男性よりも40代~50代男性の方が、テストステロンの分泌量が少ないという衝撃的なデータも報告されているそうです。

40代~50代の男性は、職場や家庭でのストレスが溜まりやすい時期で、テストステロンの減少に拍車がかかっているためだと考えられます。テストステロン値の低下が緩やかに進行すれば、心身ともに徐々に慣らされていくため、大きな不調は感じにくいでしょう。

しかし、ストレスなどでテストステロン値が急激に低下すると、ホルモンバランスが大きく乱れて、男性更年期障害のさまざまな症状を引き起こす要因となります。

男性更年期障害の直接的な要因は、男性ホルモン(テストステロン)の減少によるものです。テストステロン値の低下を緩やかにすることが、男性更年期発症の予防対策につながります。
 

back to top