男性更年期障害(LOH症候群)症状克服サイト  » 男性更年期障害の対策で知っておきたいこと » 【特集】男らしさを保つ成分「テストステロン」とは?

【特集】男らしさを保つ成分「テストステロン」とは?

男性更年期障害と深い関わりのある男性ホルモン「テストステロン」についてまとめてみました。

男性更年期対策で知っておきたいテストステロン

テストステロンは、男性の精巣(睾丸)などで作られる男性ホルモンの1種。体内で分泌される男性ホルモンの9割以上を占めています。テストステロンの働きは、精力増加、生殖器の発育、男性らしい骨格や筋肉の形成、髭や体毛の成長促進、やる気や記憶力の向上など多岐にわたり、男性が若々しい心身を保つためには欠かせないホルモンです。

また、テストステロンは「社会的ホルモン」とも呼ばれていて、社会の中に出て自分を主張する時に必要なホルモンだと言われています。声が大きくてはっきりしている人、自分をしっかり主張できる人などは、テストステロンの分泌量が多い傾向があるそうです。

テストステロンは、男性の更年期障害にも大きく関与しています。加齢やストレスによってテストステロンの分泌が大幅に減少してしまうと、男性更年期障害を発症しやすくなります。男性が若々しい心身を保つためにも、男性更年期障害の予防対策としても、テストステロンの分泌量を増やすことが大事なポイントです。

テストステロンの分泌を増やすための方法は?

テストステロンの分泌量は20代をピークに徐々に減少していきますが、加齢によるものだけでなく、ストレスや生活習慣など様々な要因によっても減ってしまいます。そのため、テストステロン値を低下させる要因をできるだけ取り除き、分泌を高める手助けをすることが大切です。

テストステロン値を低下させる生活習慣

  • 慢性的なストレス
  • 睡眠不足
  • 過量の飲酒、寝る前の飲酒
  • 喫煙

上記に当てはまる項目がある場合は、テストステロンの急激な減少を防いで心身の健康を保つために、一度ライフスタイルを見直してみることをおすすめします。

テストステロンの分泌を助ける食品

・山芋
山芋に多く含まれるジオスゲニンが、性ホルモン前駆体“DHEA”と非常に似た構造を持っているため、これを摂取することで、不足しているホルモンを補うのと同様の効果が期待できます。山芋ジオスゲニンは、健康サプリメントにも配合されている注目のアンチエイジング成分です。

・玉ねぎ
玉ねぎには硫黄を含んだアミノ酸(メチイン、イソアリイン、シクロアリイン)が多く含まれていて、それらの成分にはテストステロンの分泌を活性化させる働きがあることが、近年の研究によって明らかになってきたそうです。

このほか、ウォーキングや水泳などの有酸素運動、適度な筋トレなども、テストステロンの分泌を高める手助けになると言われています。

食品でどのくらいテストステロンが増える?

一度減ってしまったテストステロンを十分に補っていくには、どのくらいの量を摂取したらいいのでしょうか?

一般的な国産の山芋に含まれるジオスゲニンはごくわずかと言われています。国産の山芋の中では「クーガ芋」という沖縄の品種が一番高く、その量は通常の山芋の200倍。しかし、クーガ芋は幻の山芋と言われており、手に入れることが難しい品種です。

また、アミノ酸を多く含む玉ねぎは、調理方法を工夫することによって高い効果を発揮します。いちばん効果があるのは「包丁を入れず、生で丸ごと食べる」こと。玉ねぎを切ることや火を通すことによって、アミノ酸の成分が分解されてしまうのです。アミノ酸を摂るためには、ざっくりと大き目に包丁を入れて2~3分火を通すなど、できるだけ食べやすい方法をとりましょう。

今すぐ摂る・たくさん摂るならサプリが最適

どちらの食品も積極的に摂ることで成分を補うことはできますが、減ってしまったテストステロンを劇的に増やしたり、更年期障害を改善するには少し物足りなさがあります。

生活習慣や食生活だけでなく、有効成分を十分に補えるサプリメントを併用するなど、様々なアプローチで改善していきましょう。

仕事などが忙しく不規則な生活になってしまいがちな方は、誰でも手軽に続けられるサプリメントを利用することがおすすめ。

更年期障害に有効な成分が豊富に配合されていて、成分濃度や成分の種類もサプリメントによって様々。自分が改善したい症状に合わせて選んでみてください。

更年期障害の改善・対策は地道に続けていくことが大事です。毎日続けやすい方法で、しっかり効果を出していきましょう。

back to top