筋力減退などの「身体症状」

めまい、耳鳴り、のぼせ、ほてり、動悸、筋力減退、肩こりなど、男性の更年期障害が引き起こす症状についてまとめています。

全身におよぶ身体の不調

更年期障害による自律神経の乱れは、様々な身体のトラブルを引き起こします。

その一つにめまいがあります。めまいには、天井などが回転する回転性と、身体が浮き上がるような浮動性の2種類あります。この内、浮動性のめまいは更年期障害に多い症状です。また、このようなめまいが出る人は、耳鳴りが起きやすいといった報告もあります。

ただし、めまいや耳鳴りは、脳機能の異常や突発性難聴など、重篤な病気の可能性も秘めています。異常を感じたら自己判断せず、まずは医者にかかることをおすすめします。

また、筋肉や骨をつくる男性ホルモンのテストステロンが減少すると、筋力も低下しやすくなります。腕や足が細くなり、女性的なラインになる傾向があります。骨が弱くなるため、骨粗しょう症のリスクも上がるので注意が必要です。

ホルモンの影響は血管にも及びます。血管が老化することで、動悸・のぼせ・顔のほてり・冷えなどが出やすくなります。このような血管運動神経症状も更年期にありがちな症状です。

そして、男性ホルモンの異常は新陳代謝も悪化させます。新陳代謝が悪化することで、慢性的な肩こりや腰痛になったり、中性脂肪が増えて肥満になったりといった症状も。

このように、ホルモンの乱れは多様な身体への症状を引き起こします。そのため、一つの症状が出るたびに医者にかかり、なかなか改善せずドクターショッピングを重ねる傾向があるようです。

男性更年期障害の身体症状

  • めまい
  • 耳鳴り
  • 頭痛
  • 動悸
  • のぼせ
  • ほてり
  • 冷え
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 筋力減退

身体症状の予防対策に役立つ成分

更年期障害の身体症状を予防・改善するのに役立つ栄養素もあります。

めまいに良いとされる成分は、豚肉や玄米に多く含まれているビタミンB1、さんまやシジミなどに多く含まれるビタミンB12です。ビタミンB1には、脳の働きを正常に保つ働きがあり、ビタミンB12には神経の働きを正常に保つ作用があります。

血流を良くする働きのある成分は、アボカドやナッツ類に豊富に含まれるビタミンEや、青魚に多く含まれるDHA・EPAです。血液の流れを良くすることで、自律神経の乱れを整えます。

食事療法で身体症状が緩和される場合もあるそうなので、こうした栄養素を含む食品を、食事に取り入れてみると良いでしょう。

back to top